ENVIRONMENTAL

環境への取り組み

TOP > ENVIRONMENTAL

当たり前のことですが
自然というフィールドがあってこそ
楽しめるスノーボード、スキー。

私がスノーボードを始めて約25年。

この短い期間の中でも、
少雪・暖冬を感じるシーズンが多くなってきているのを
ハッキリと肌で感じています。

海に行けば、素晴らしい景色の影にプラスチック系のゴミも多く。。

記録的な大雨、季節外れの台風。

最近の異常気象は
「地球からの叫び」のような感じも受けます。

なんとかしないと。。

 
 

そう思う一方でたくさんの矛盾にもぶつかります。

自然というフィールドに遊びにいくだけでも化石燃料は使う。

どれだけ環境に配慮したギアをチョイスしても生産の過程や廃棄の過程で、少なからず環境への負荷は必ず起きる。
では自然で遊ぶこと自体が環境破壊なのか?
そう考えてしまう瞬間もあります。

ですが、
自然というフィールドで遊ばせてもらっている僕達だからこそ
気づけるし、アクションできる事もあるんじゃないかと。

ならば、自然というフィールドで大きな喜びや癒しを与えてもらう分、少しでもそれを自然に恩返しできないか。

矛盾を感じて立ち止まるよりもできることから一歩を踏み出そう。
そう考えています。

PROTECT OUR WINTERS【POW】の
活動に賛同しています。

ただ思いを広げるだけではなく、
少しでも早くパートナーシップの締結を目指します。

 
 

少しでも環境負荷の少ない商品・サービスの開発。

現在、性能を落とさない範囲で可能な限りフッ素を削減した
LF仕様(ローフッ素仕様)で仕上げております。
  
独自開発WAXの使用により、弊社でワックス加工させていただくと年間滑走日数20日間の方の場合、通常のアイロンで行うワクシングで滑走される方と比較して
石油系固形ワックスの消費量を約90%削減できます。

ここから先の未来のために、
これからはNF仕様(フッ素ゼロ仕様)の可能性を信じ、
冬でも比較的温暖なエリアや春先等も含めて、
すべてのシチュエーションでフッ素ゼロでも今の性能をキープできるよう、継続的に研究・商品のブラッシュアップを続けます。

意識の高い【選択肢】をご用意。

作業受付時のお客様とのやりとりの中で、
年間滑走日数の少ない方や、特に寒冷地にお住まいの方など、
フッ素が必要ないであろうお客様には、
こちらから環境への負荷がより少ない
NF仕様(フッ素ゼロ仕様)メニューのご提案。

 
 

少しでもゴミや廃棄物がでないように、
発送方法も極力エコに。

なるべくゴミのでないように、今あるモノでの発送を推奨。
今お持ちのソールガードとボードケースで発送することで、
新たな梱包材は必要ございませんし、お客様の送料負担も、
環境への負担もより少なくできます。

これからも自然の声に耳を傾け、
できることからひとつひとつ取り組んでまいります。

それが自然で遊ばせてもらう我々からの、

自然への恩返しです。

いつまでもSNOWBOARDINGできる環境を
自分たちでも守り、
その喜びを次世代へ繋いでいけるように。