HOW TO SEND

スキー板の送り方について

TOP > SKI > HOW TO SEND

プランオーダー ボードを送付 お預かり 加工 お届け

大切なスキー板の発送に関しまして

01

送り先

ご注文いただきましたら複数ございます弊社ファクトリーの中から、加工内容・加工工程にあわせて、
送り先を指定させていただきます。
※大阪の事務所ではなく、必ず指定させていただいたファクトリーに送付ください。

02

送料に関しまして

お客様から弊社への送料はお客様の御負担となります。

※着払い等はご利用いただけませんのでご注意ください。

弊社からお客様宅への送料は弊社負担になります。
よって、お客様宅への送料は【無料】となります!

03

荷姿・梱包に関しまして

荷姿はダンボールの箱、スキーケース等のケース類、どちらでも構いません。
ソールガードをお持ちの方でしたら、必ずスキー板にソールガードを巻いてから
ケース類や箱に入れて送付ください。
ソールガードをお持ちでない方や、より対策を強化されたい方はノーズ・テール部分(各ボードの先端部分)に
ダンボールなどでしっかりとガードをしていただき、運送上のトラブルが起きないように対策ください。

04

運送業者さまに関しまして

弊社からお客様宅への発送は基本的に「ゆうパック」さんでの発送となります。

お客様から弊社ファクトリーへの発送は、どちらの運送業者さまをお使いいただいても結構ですが
一般的には「ヤマトのスキー宅急便」さんで、ダンボールのハコではなく、ケース類で送っていただくのが
一番お安くなる場合が多いので、是非ご検討ください。

※運送会社さまの専用カバーの必要有・無は各営業所さまの判断となります。

当社調べにて、ヤマト運輸スキー宅急便が最も安全、オトク!

ex) 関東~関西
ボードの場合 送料1720円+ヤマトさん専用カバー250円=1970円(税込)

ご自身のスキーケースで発送の場合は2セット送れます!
送料2180円+ヤマトさん専用カバー250円=2430円 (税込)

梱包方法

01

スキーケースにて送付の場合

厚手のスキーケースで送付される場合は、
ソールカバーをしっかりと付けスキーケースに入れてお送りください。

薄手のスキーケースや、ソールガードをお持ちでない方は、
段ボールで覆ってからボードケースに入れ
運送会社さまの透明ケースや、プチプチで特にノーズ・テール部分に補強をしていただき スキーケースに入れてお送りください。

※スノーボードの場合はビンディングの取外しをお願いしていますが、
スキーはビンディングを外さずにお送りください。

02

段ボールにて送付の場合

(最近はダンボールでの発送不可の業者さまが増えていますので、運送業者さまへ事前確認をおすすめします。)

段ボールで送付される場合は、
ノーズとテール側に厚紙を入れて板が動かないように新聞紙などを詰め固定してください。
箱を立てた時に「コツ」と音がする場合は板が当たってしまっていますので音がしなくなるまで厚紙や新聞紙などで上下左右の隙間を埋めてください。

※ソールカバーをお持ちの方は併用することをお勧め致します。
※基本的には、ソールガードに入れてからのスキーケースでの発送を推奨します。